蕎麦 田しろ

〒503-1501
岐阜県不破郡関ケ原町大字
関ケ原894-28
TEL:090-3304-7402

[営業日] 土・日
[営業時間] 11:00~16:00
[駐車場] 有り

周辺情報

関ヶ原マップ

観光案内

関ヶ原町歴史民俗資料館

当店に隣接している、関ヶ原の戦い等に関する資料館です。戦いで使われた武具や関ヶ原合戦図屏風が展示されています。ここで合戦について学んだ後に、実際の古戦場を巡ってみるのも良いかもしれません。

公式ホームページ>>

関ヶ原古戦場

「天下分け目の関ヶ原」でお馴染みの、関ヶ原合戦の舞台です。関ヶ原町歴史民俗資料館から徒歩で行ける距離にあります。
慶長5年、石田三成率いる西軍と徳川家康を総大将とする東軍との決戦がここで行われました。各武将の陣跡に立つ石碑や幟を見ながら、合戦当時に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

石田三成陣跡 笹尾山

関ケ原合戦の際に石田三成が本陣を置いた場所といわれており、こちらには竹矢来や馬防策が再現されています。山頂には指揮台も復元されていますので、遊歩道に沿って登ってみるのもお勧めです。

大谷吉継陣跡

若宮八幡宮上の急斜面に作られた、西軍・大谷吉継の陣跡です。合戦開始の1ヶ月前にはもう準備を始めていたとされています。名軍師として知られており、ここに陣を張ったのも小早川秀秋の裏切りを想定してのことであったと言われています。

小早川秀秋陣跡 松尾山

松尾山は小早川秀秋が合戦時に陣を張ったとされています。山頂からは東軍と西軍の様子が一望でき、小早川はここから両軍の動向を伺っていたようです。

小早川秀秋といえば、関ケ原合戦で西軍を裏切って東軍の勝利を決定づけたことで有名です。当店ではこのエピソードにちなんだオリジナル商品「寝返り枕」を発売予定です!松尾地区のそば殻を使用したまくらを是非お手にとってみてください。

徳川家康最初陣跡 桃配山

関ケ原合戦の際、徳川家康が最初に陣を置いた場所とされています。
「桃配山」の名前は、壬申の乱の際に天武天皇が兵士に桃を配って士気を高め、それによって快勝したことに由来しており、徳川家康もそのジンクスにあやかってここに陣を置いたとも言われています。約10分ほど登ったところには石碑と石が2つあり、家康はその石を机と椅子にしていたそうです。

徳川家康最後陣跡

苦戦を強いられていた家康が桃配山から本陣を移した先が「最後陣跡」です。三成本陣である笹尾山のすぐ下にあり、ここから西軍・小早川秀秋に通じて裏切りを仕向けたそうです。当店からはちょうど隣に位置しておりますので、最後陣跡にお立ち寄りの際は是非ご来店ください。